« 生存報告 | トップページ | 今回は少しセレブ風に。 »

2008年11月24日 (月)

スパロボ発売記念

というわけで、大分前にスーパーロボット大戦Zが発売されましてですね、猿のようにプレイしておりましたくらいむです。

F1000001

これが最新作。

エウレカセブンキングゲイナーグラヴィオンアクエリオンと比較的最近のキャラが出てくるのがうれしいですね。バルディオスゴッドシグマとかオーガスとかは流石にリアルタイムではないですからね。

今作の主人公はキャラ立ってるけど、メカ的にはあまりパッとしないイメージ。

それ以外の感想は、まあ、個々でやってみてはイカがかなと。

折角なんで、手元にあるスパロボをぱしゃり。

といっても、最初の頃のパイロットがいないGB版や、ファミコンの第2次、スーファミ版の第3次EX第4次、サターンの完結編、PS最初のリアル等身や初SRXが売りの新スパロボ、ニンテンドー64のスパロボ64リンクバトラー、ゲームキューブ版のエルドランシリーズ初参戦となるライジンオーおすすめスパロボGC

こいつらドコいったんだろうなぁ・・・・売ってないのは確かなのに・・・・

気をとりなおして。



F1000006何気に長いシリーズになったあるふぁ。龍虎王が初参戦。クスハのカットインと相まって一躍看板マシンに。ヒュッケバインボクサーやガンナーがどうもパっとしなかったのもありますけどね。





第2次α。通称にるふぁ。

F1000005

ちちゆれカットインが大ブーム。だもんで、順当な発育だったリアル女主人公のアイビス・ダグラス不当な評価を受けることに。

後はなんといってもダイゼンガー。これに尽きます。







第3次α。通称さるふぁ。

F1000004

シリーズ最後となっただけあってかなりのボリューム。4人の主人公別に、結構な分岐があったりしますね。

ジェネシックガオガイガーは一見の価値があるかも。





αシリーズの合間にに発売。Impact。

F1000003 携帯ゲーム機ワンダースワンで出たCOMPACTってシリーズがあるのですが、その流れを継いだ感じ。忍者戦士飛影がウレシイ仕様です。

その他に、関智一メジャーデビューのドモン・カッシュ、マシンロボのロム兄さん、サイキック斬のダンガイオー等、暑苦しい仕様となっております。

今やオリジナルの人気マシン、アルトアイゼンが陽の目を浴びた作品でもありますね。







これもαシリーズの合間にに発売。MX。最近はPSPにも移植されたのでご存知の方も多いかと思われます。

F1000002

目新しかったのが、電童ラーゼフォンゼオライマー。電童といえばOP局が、三重野瞳景山ヒロノブのデュエットだったのですが、どう聞いても景山ヒロノブが高音パート歌ってるのに度肝を抜かれましたよ。

三重野瞳だって魔神英雄伝ワタルのカラオケ大会田中真弓賞をもらった程の腕前だったのに!

話がそれましたが、ライディーンとラーゼフォンが絡んだり、エヴァの劇場版を再現したりで結構ストーリー的にもよかったかも。







そうそう、まだまだGBA版の、ARDJOGOG2、PS2のOGOG外伝、DS版のWてのもあったりするのですが、面倒くさくなったので今回はこのヘンで。







ロボット興味ない方には誠に恐縮ですが、以上よろしくお願いいたします。

不備等ございましたら、遠慮なくご指摘くださいませませ。



|

« 生存報告 | トップページ | 今回は少しセレブ風に。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2435/25622925

この記事へのトラックバック一覧です: スパロボ発売記念:

« 生存報告 | トップページ | 今回は少しセレブ風に。 »